シェア畑の利用料はいくら?市民農園と比較してみた

シェア(レンタル)畑と市民農園、どっちがお得が比較してみた!

ここではシェア畑の利用料と市民農園と比べた評価について紹介しています。

シェア畑について調べている人なら誰もが気になるのはシェア畑の利用料ですよね。

シェア畑より市民農園のほうが安いならそっちを利用したほうが良いと思う方も多いはず。

しかし、利用料だけで判断すると後々後悔することになりますので、まずはシェア畑と市民農園の違いについて知る所から始めましょう。

シェア畑と市民農園の利用料

シェア畑の利用料はひと月大体5,000円~10,000円程(3㎡~10㎡)なのに対して

市民農園はひと月1,500円~3,000円程(数坪~数十坪 / 半年~1年契約)でレンタルすることが出来ます。

価格だけ見ると市民農園を借りたほうが確実に安上がりですが、価格だけで判断しても良いのでしょうか?

次項では市民農園とシェア畑の違いについて紹介していきます。

シェア畑と市民農園の違い

市民農園は大きな土地を安価で借りられるけど…

市民農園は、シェア畑に比べて大きな土地を安価で借りることが出来ますが、作物の管理は全て自分で行わなければなりませんし、知識がない状態で ”なんとなく” 野菜づくりを始めたものの、土壌管理が難しく育てるのに失敗してしまうという声もよく挙がります。

確かに市民農園は安価で畑を借りることが可能ですが、菜園をやったことのない人がいきなり数十坪の畑を手に入れたところで、行き届いた管理を行うことは簡単ではありません。

安さと大きさにつられて契約してしまうと、逆に無駄金になってしまう可能性もありますので注意しましょう。

サポート体制と設備の豊富さはシェア畑の方が上

市民農園は格安でそれなりに大きな畑をレンタルできるのが強みですが、それ以外に特筆すべき点はありません。

それに比べてシェア畑は、サポート体制と設備の豊富さが市民農園と比べ物にならないくらい充実しています。

例えば、シェア畑は菜園を始めたことのない人でも安心して始められるように週に4~6日程菜園アドバイザーの方が常駐しており、野菜づくりでわからないことを気軽に質問することが出来ます。

他にも、農業に必要な農機具や肥料・苗も全てシェア畑には用意されており、レンタル料さえ払えば他には何も準備する必要はありません。

市民農園の場合、安く借りることは出来ても農具などの機材を用意するための初期費用などを含めると、結局はそれなりの値段になってしまうのです。

市民農園に比べてシェア畑はイベントが豊富

市民農園とは比べるに比べられないポイント、それはシェア畑のイベントの豊富さです。

シェア畑では季節に合わせて納涼祭や芋煮会などのイベントを行っており、シェア畑利用者との交流を促進しています。

また、家族や友人を誘って参加することも可能なので、お子様のいい思い出づくりにもつながります。

シェア畑と市民農園の違いまとめ

市民農園のメリット・デメリット

  • 大きな土地を借りることが出来る
  • シェア畑よりも安価(月1,500円~3,000円)
  • 知識がないと作物を育てるのが難しい
  • 畑を管理できず持て余してしまう可能性がある

シェア畑のメリット・デメリット

  • 肥料・苗・農具が予め準備されており手ぶらで通える
  • 各畑に菜園アドバイザーが常駐しておりわからないことは質問しながら野菜づくりが出来る
  • 季節ごとにイベントを行っており思い出づくりが出来る
  • トイレや休憩スペースが常備されているので安心
  • 市民農園に比べて価格が割高(月5,000円~10,000円)

それぞれメリットとデメリットはありますが、比較してみるとやはりシェア畑のほうが利用しやすいのでは無いかと感じました。

どちらを利用するか迷っている人は、まずシェア畑の無料見学に申し込んでみると良いでしょう。

下記のページから無料見学のお申込みが出来ますので、是非お問い合わせください。

 

お得なキャンペーン情報
1月47日迄にシェア畑をご契約された方はなんと、畑の利用料が2月末まで0円となります!

大変おトクなキャンペーンですので、この機会にご利用ください。まずは無料見学からどうぞ!